フライトナース求人サイトランキング

フライトナースの看護師求人は多い?

結論から言うとフライトナースの求人はすごく稀です。自力で見つけて転職を実現させるのはかなり難しいでしょう。看護師専門の転職サイトから探す方法が得策です。

ナースフルは全国にネットワークがあり求人数も豊富です。フライトナースという条件であってもキャリアコンサルタントが求人を探し転職をサポートしてくれる心強いサービスです。

フライトナース求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・一般の求人サイトでは見つからない仕事、緊急救命センターがある医療機関の仕事も見つかる。
フライトナース、看護師になる為の情報ソースとして使えるのもナースフルだから。
業界最大級の求人情報の中から、条件にぴったりあった仕事をピックアップ。



マイナビ看護師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
数が少ないフライトナースの仕事でも、マイナビ看護師なら、幅広い案件に対処しています。
・1分で簡単登録できて、マイナビ看護師のサービスを無料で活用。看護師求人が探しやすいです。
ご利用者の96.3%が満足と答えた話題の求人サイトで、フライトナースの仕事を見つけましょう。



ナース人材バンク 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・看護師専門のキャリアコンサルタントがいるので、難しいフライトナースへの転職も相談。
・スムーズに転職活動をするなら、サポート体制がしっかり整っているナース人材バンクがおすすめ
・給与や待遇などをしっかり考えて転職できるから、ナース人材バンクで確実に理想の転職を実現。



ナースではたらこ 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
ディップのナースではたらこで、難しいと言われるフライトナースへの転職へチャレンジしよう!
・HAPPYキャンペーンで最大10万円!看護師の転職に必要な費用も得られるナースではたらこ
転職のプロがサポート!転職の不安や、フライトナースへの進路もしっかりと相談できる。



看護のお仕事 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・徹底サポートしてくれる看護のお仕事で、フライトナースへの転職を成功させる。
・フライトナースを目指している看護師さんのキャリアパスを親身になって相談に乗ってくれる。
看護師転職を目指している皆さんに、看護のお仕事なら、理想的な転職の実現をしてくれます。



フライトナースになるには

フライトナースとは、ドクターヘリなどを使って運ばれる患者さんのために、緊急救命や、プレホスピタルケアを行う看護師のことです。フライトナースの仕事がマスコミで報道されたり、テレビドラマなどで取り上げられているのをみて、フライトナースに憧れる人も増えているようです。ただし、フライトナースになるには、特別な資格が必要になります。

まず、フライトナースになるには、基本正看護師である必要があります。また、それぞれの医療機関や病院が決める条件を満たす人材でなければなりません。看護師としての就業経験が5年以上であるとか、または3年以上、緊急医療の経験があるなどです。ただし、明確な資格基準などはないので、もしフライトナースになる機会があるのなら、自ら志願することで、夢に一歩近づくことができます。

必須の資格ではないものの、持っておいたほうがいいものに、BLS、(Basic Life Support)、つまり一次救命処置といわれる、基本的な心肺蘇生法などを取得している必要があります。また、それより上級の、ACLS(Advanced Cardiovascular Life Support)と呼ばれる、二次救命処置、つまりこれは、医師や救急訓練を受けた医療スタッフが行う処置のことで、医療補助器具や薬剤を使って、本格的に救命活動を行うものです。その他、交通事故などで、怪我をした患者に対して病院搬送前に行う、外傷観察、処置などを行うJ-PTECもあり、この3つの資格をもっていると、より現実的に、フライトナースが近づくことになります。場合によっては、これらはICLS、PALS、ITLSと呼ばれることもあります。

今までの経験上、緊急救命に携わったことがある、または交通事情や地理的悪条件から、搬送が間に合わず、手遅れになる前に患者を助けたいというような使命感がある看護師さんなどが向いています。

また、場合に応じて臨機応変に対処できたり、瞬時の的確な判断が必要となるので、やはり決まった資格はないとはいっても、ベテラン、少なくても救命医療に携わったことがある看護師のほうが適任でもあるでしょう。

救命ヘリ、ドクターヘリに乗るのは医師、看護師だけとか、人数が限られていますし、心肺蘇生法、心臓マッサージなど、応急治療措置などをきちんと習得している必要があり、医師が診察するまえに、それらの蘇生措置は看護師自らが自己判断で行えるほどの判断力がなくてはいけません。

命をあずかる責任があり、その上、フライトナースのタフな就業状況にも適応できる人ではないと、なかなか勤まらない仕事ではあると思いますが、それだけにやりがいもあります。興味がある人は、必要な資格と、講習などを積極的に受けて、フライトナースに志願してみてはいかがでしょうか。


Copyright (C) 2014 フライトナース求人サイトランキング All Rights Reserved.