フライトナースの年齢制限は?

フライトナース転職TOP >> FAQ >> フライトナースの年齢制限は?

フライトナースの年齢制限は?

フライトナースは、年齢、性別などに特に制限はありませんが、看護師資格を持ち、臨床経験5年ほど、緊急救命に携わって3年以上くらいが望ましいとされていますので、看護師としては、中堅からベテランレベルの人がいいでしょう。もちろん看護師は離職率が高い仕事でもありますので、一つの病院に長く勤め、現場の推薦があるくらいの人材になることです。最低でも3年くらい、一つの現場、緊急救命センターで働けばフライトナースの仕事をこなす経験としては十分ではないかと考えます。

ただし、緊急救命の仕事もそうなのですが、体力的に大変なところもあり、当直、日直、夜勤などをこなせる体力があって、新しい知識をどんどん吸収することができ、医療的好奇心や探究心も旺盛な、若い人も向いていると思います。最近はテレビなどでドクターヘリのことを報道されることが増えてきていますので、そんな影響もあってか、若い看護師さんのなかに、ドクターヘリ搭乗希望者も出てきているようです。

もちろん理想と現実は違い、思った以上に大変な現場であることに看護師になってから、また緊急医療センター勤務になってから気づくこともあるでしょう。しかし、最初に持っていた気持ち、初心を忘れず、フライトナースに必要な資格取得や、そして研修などに積極的に参加していただきたいです。

まだまだドクターヘリを出動させる病院、地域は少ないです。少なくても病院や拠点に、ヘリポートがあり、その離着陸ができる環境になくてはドクターヘリを飛ばすのは不可能だからです。各自治体のヘリコプターよりも、私営病院のヘリコプターのほうが、よりフレキシブルに出動させることができます。しかも、ヘリコプターを飛ばす費用は、国からの助成があるので、費用自体は無料のようです。

ただし、ドクターヘリで行われた医療行為の費用は、患者さん負担になっています。その点は、車で運ばれる緊急患者さんと一緒です。移動手段がヘリコプターになるだけです。ヘリコプターは、車に比べて搬送のスピードがより早いですから、患者さんにより早い応急措置をすることができます。

せっかくヘリコプターを呼ぶのですから、患者のもとに最も早く尋ねることができる、フライトナースが、ある意味その重責を担うことになります。

だからこそフライトナースの年齢制限はないですが、経験豊富な、どんな状況でも的確に判断でき、患者さんのことを最大限に考えてできることはすべて行い、救命救急センターに素早い搬送をします。体力、知識、経験、そのすべてが必要なフライトナースです。

フライトナース求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014 フライトナース求人サイトランキング All Rights Reserved.