フライトナースの研修は?

フライトナース転職TOP >> FAQ >> フライトナースの研修は?

フライトナースの研修は?

フライトナースの研修は、各緊急救命センターで行われることもあります。フライトナースが緊急救命にあたる際に、必要な資格、一次救命処置、二次救命処置などの資格をもっていて、J-PTECなども履修していることが望ましいですが、資格取得をしただけでは、現場の仕事、予想もつかない事態に対処することは難しいのです。患者に即座に対応する力だけではなく、もちろん、医療備品の管理とか、薬のチェック、ドクターや看護師自身の鞄の中身のチェックなど、出動前に、最低限のことは確認しておく、きめ細やかなサポートが大事でしょう。ヘリコプターのなかは、かなりの騒音に見舞われ、実際に乗ってみて、会話や無線での交信が難しいことに気づくと思います。そんなときはあらかじめ医事無線の資格を取得しておくといいでしょう。

いまは限られた地域や、限られた医療機関しかヘリコプターを飛ばしていませんが、交通事情や、事故時、また過疎化によって地元の医療機関が閉鎖してしまったりして、困っている患者もいます。緊急時に受け入れ病院がなく、たらい回しにされて、命の危険にさらされる患者は大きな社会問題ともなっています。重症でもないのに、救急車を呼ぶ非常識な人もいて、ますます問題は悪化の一途をたどっています。

このような状況を鑑み、本当に必要な医療、必要な緊急救命措置をするために、ドクターへリに常務して、適切な看護師業務を執り行いたい、また必要な人に必要な医療、緊急救命処置をしたいという医療機関、また地域も多い事と思います。その上、ドクターヘリに対応できる緊急救命看護師、ベテラン看護師、それからフライトナース研修をすることは、実際現場に出たり、現場さながらのシチュエーションで、より有効に、確実に対処する方法を学ぶことができる必要不可欠な体験でもあります。

だいたい、フライトナースの研修は、2週間や3週間くらいになっています。主催する側は、NPO法人緊急ヘリ病院ネットワーク(HEM-Net)や、民間病院まで色々ですが、ドクターヘリに搭乗するための心得、知識、現場での対応を学ぶことができて、とても有効な下準備になることは間違いありません。実際に、この研修を受けて、現場で必要なことを学ぶ看護師も多いことでしょう。

HEM-Netの場合には、全国で10カ所のドクターヘリ基地病院を研修施設としています。また、それぞれ、民間病院で運営している場合にはその医療機関がもつ、ヘリポートや設備を使って実際に現場で対応したり、出動要請に備えて、様々な研修をします。

実際に、知識や資格取得では分からなかった現場での困難や、自分で実際にドクターヘリに乗ってみて分かった事、必要な道具や薬、対処法など、経験してみないと決して理解できない、ドクターヘリの現場が分かってくるに違いありません。

これからフライトナースになろうと考えている人は、ぜひフライトナース研修を受けて、それぞれのスキルと経験を緊急時やハプニング時に活かせるように、しっかりと準備してみてはいかがでしょうか

フライトナース求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014 フライトナース求人サイトランキング All Rights Reserved.