フライトナースの職場は?

フライトナース転職TOP >> FAQ >> フライトナースの職場は?

フライトナースの職場は?

フライトナースは、緊急救命センターで働いています。ヘリポートが医療機関の屋上、また近隣に設置されるようになって、緊急医療での業務をこなしながら、出動要請があったら、すぐに動けるように待機しています。ただし、フライトナースは基本的には、日の出から日没、つまりヘリコプターが飛べる時間、また天候がよければ、いつでも飛べる態勢は整えているので、事前準備や、すぐに出かけることができるような状況を作っておきましょう。

フライトナースは、働く場所がつまり2つあるということで、一つは普段の緊急救命センター、そしてときには空から、患者のもとに赴き、緊急処置をし、医療機関に到着するまで最善のことをしていきます。その応急措置で、患者さんの命を左右することがあるために、非常に大事なのです。

緊急医療の体制は、初期、二次、三次と重症度によって分かれていて、フライトナースが働く緊急救命は、三次緊急医療にあたります。二次緊急医療では対処ができない、重症度の高い患者さんに24時間体制で対応している、緊急救命センターの仕事の一つでもあります。

そういう意味では、フライトナースが対峙する患者さんというのは、もっとも緊急度、重篤な患者さんが多く、その意味ではまさに一刻を争って対処が必要なため、ヘリコプターを使って医療スタッフを派遣し、応急処置を行い、医療機関に搬送するのです。

初期では、日帰りが可能な比較的軽度の患者さんを受け入れ、二次緊急医療でも、入院治療を必要とする患者、つまり救急指定病院が当番制で、受け入れ先を決めて、休日や夜間に対応しています。そうなると、三次緊急医療は、まさに命にかかわる患者さんを取り扱う緊急事態のみを扱うことはおのずとわかります。

環境もかわりますし、連絡は可能とは言っても、他に頼る人もいなく、医師と看護師だけでそんな状況に的確に対処していかなければなりません。医療ミスで裁判などが多く行われるようになっている昨今、その職場には常に緊張が走っているといっても過言ではありません。

いわば、一般人には無関係で、想像もできない現場、非日常な日常を毎日過ごしているといってもいいでしょう。だからといって、緊張しすぎたりすることなく、仕事として感情を挟まずしっかりと対処していくこと、そしてその経験が、将来的にフライトナースのスキルとして蓄積されていくものです。将来的にフライトナースを目指している若き看護師さんには、現場で学べることをすべて吸収し、先輩フライトナースさんの話によく耳を傾けて、将来的にフライトナースとして、立派にその職務をこなしていただきたいと思います。

フライトナース求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014 フライトナース求人サイトランキング All Rights Reserved.